名古屋大学 大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学講座

名古屋大学 堀研究室

Graduate School of Engineering Department of Biomolecular Engineering

研究業績

論文(2005年以降)

著書

国内学会発表(2012年以降)

論文(2005年以降)

↑ページの先頭に戻る

【界面微生物工学】

J. C. Leo, P. Oberhettinger, S. Yoshimoto, D. B. R. K. G. Udatha, J. P. Morth ,M. Schütz, K. Hori, and X D. Linke ; Secretion of the Intimin Passenger Domain Is Driven by Protein Folding ; J. Biol. Chem. 291(2016) 20096-20112 DOI 10.1074/jbc.M116.731497

 

S. Yoshimoto, H. Nakatani, K.Iwasaki and K.Hori ; An Acinetobacter trimeric autotranspoter adhesin reaped from cells exhibits its nonspecific stickiness via a highly stable 3D strucuture, Sci Rep 6, Article number: 28020 (2016) DOI:10.1038/srep28020

 

M. Ishikawa, S. Yoshimoto, A. Hayashi, J. Kanie and K.Hori ; Discovery of a novel periplasmic protein that forms acomplex with a trimeric autotransporter adhesin and

Peptidoglycan, Mol Microbiol (2016) 101(3), 394–410(DOI: 10.1111/mmi.13398)

 

K. Koiwai, M.D.Hartmann, D. Linke, A.N. Lupas and K.Hori ; Structural basis for toughness and flexibility in the C-terminal Passenger domain of an Acinetobactor trimeric autotranspoter Adhesin, J. Biol. Chem. 291(2016) 3705-3724

 

K. Hori, Y. Ohara, M. Ishikawa and H. Nakatani ; Effectiveness of direct immobilization of bacterial cells onto material surfaces using the bacterionanofiber protein AtaA, Applied Microbiology and Biotechnology. 99 (2015) 5025-5032.

 

<Spotlighted Article>

M. Ishikawa, K. Shigemori, K. Hori; Application of the adhesive bacterionanofiber AtaA to a novel microbial immobilization method for the production of indigo as a model chemical, Biotechnol. Bioeng. 111 (2014) 16-24.DOI: 10.1002/bit.25012

 

Liu H, Ishikawa M, Matsuda S, Kimoto Y, Hori K, Hashimoto K, Nakanishi S; Extracellular electron transfer of a highly adhesive and metabolically versatile bacterium. Chemphyschem, 14 (2013)2407-12 DOI: 10.1002/cphc.201300207

 

Masahito Ishikawa and Katsutoshi Hori; A new simple method for introducing an unmarked mutation into a large gene of non-competent Gram-negative bacteria by FLP/FRT recombination. BMC Microbiol. 13 (2013) 86

 

Masahito Ishikawa, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori; AtaA, a New Member of the Trimeric Autotransporter Adhesins from Acinetobacter sp. Tol 5 Mediating High Adhesiveness to Various Abiotic Surfaces PLOS ONE, 7 (2012) e48830

 

D. Matsumoto, S. Ohtaki, A. and Hori, K.; Carbon Fiber as an Excellent Support Material for Wastewater Treatment Biofilms Environ. Sci. Technol. 46 (2012) 10175-181

 

Ishikawa, M. Shigemori, K. Suzuki, A. and Hori, K.; Evaluation of adhesiveness of Acinetobacter sp. Tol 5 to abiotic surfaces J. Biosci. Bioeng. 113,(2012) 719-725.

 

K. Hori, M. Ishikawa, M. Yamada, A. Higuchi, Y. Ishikawa, and H. Ebi; Production of peritrichate bacterionanofibers and their proteinaceous components by Acinetobacter sp. Tol 5 cell affected by growth substrates, J. Biosci. Bioeng. 111, (2010) 31-36.

 

樋口愛介,堀田康明,山本宏治,堀 克敏; 改良ネガティブ染色法によるAcinetobacter属細菌Tol5株細胞上の3種粘着性ナノファイバーの識別; 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌, 23, (2009) 9-14.

 

K. Hori, N. Hiramatsu, M. Nannbu, K. Kanie, M. Okochi, H. Honda, and H. Watanabe; Drastic change in cell surface hydrophobicity of a new bacterial strain,Pseudomonas sp. TIS1-127, induced by growth temperature and its effects on the toluene-conversion rate, J. Biosci. Bioeng. 107, (2009) 250-255.

 

H. Watanabe, Y. Tanji, H. Unno, K. Hori; Rapid conversion of toluene by an Acinetobacter sp. Tol 5 mutant showing monolayer adsorption to oil-water interface, J. Biosci. Bioeng. 106, (2008) 226-230.

 

K. Hori, H. Watanabe, S. Ishii, Y. Tanji, and H. Unno; Monolayer adsorption of a bald mutant of the highly adhesive and hydrophobic bacterium, Acinetobacter sp. Tol 5, to a hydrocarbon surface; Appl. Environ. Microbiol. 74, (2008) 2511-2517.

 

S. Ishii, S. Miyata, Y. Hotta, K. Yamamoto, H. Unno, and K. Hori; Formation of filamentous appendages by Acinetobacter sp. Tol 5 to adhere to solid surfaces; J. Biosci. Bioeng. 105, (2008) 20-25.

 

S. Ishii, H. Unno, S. Miyata, K. Hori; Effect of cell appendages on the adhesion property of a highly adhesive bacterium, Acinetobacter sp. Tol 5; Biosci. Biotech. Biochem. 70, (2006) 2635-2640.

 

S. Ishii, T. Kosaka, K. Hori, Y. Hotta, and K. Watanabe; Coaggregation facilitates interspecies hydrogen transfer between Pelotomaculum thermopropionicum and Methanothermobacter thermautotrophicus; Appl. Environ. Microbiol. 71, (2005) 7838-7845.

 

 

【廃水処理・環境浄化】

 

D. Okamura, Y. Mori, T. Hashimoto, and K. Hori; Effects of microbial degradation of biofoulants on microfiltration membrane performance in a membrane bioreactor,Environ. Sci. Technol. 44 (2010) 8644-8648.

 

D. Okamura, Y. Mori, T. Hashimoto, and K. Hori; Identification of biofoulant of membrane bioreactors insoluble microbial products, Water Res. 43 (2009) 4356-4362.

 

H. Matsuoka, A. Miura, and K. Hori; Symbiotic effects of a lipase-secreting bacterium, Burkholderia arboris SL1B1, and a glycerol-assimilating yeast, Candidacylindracea SL1B2, on triacylglycerol degradation, J. Biosci. Bioeng. 107, (2009) 401-408.

 

K. Miyanaga, S. Takano, Y. Morono, K. Hori, H. Unno and Y. Tanji; Optimization of distinction between viable and dead cells by fluorescent staining method and its application to bacterial consortia; Biochem. Eng. J. 37, (2007) 56-61.

 

Y. Morono, H. Unno, K. Hori; Correlation of TCE cometabolism with growth characteristics on aromatic substrates in toluene-degrading bacteria; Biochem. Eng. J.31 (2006) 173-179.

 

K. Hori, J. Mii, Y. Morono, Y. Tanji, and H. Unno; Kinetic analyses of trichloroethylene cometabolism by toluene-degrading bacteria harboring a todhomologous gene; Biochem. Eng. J. 26, (2005) 59-64.

 

 

【環境生物工学関連論文】

 

K. Hori, R. Ichinohe, H. Unno, and S. Marsudi; Simultaneous syntheses of polyhydroxyalkanoates and rhamnolipids by Pseudomonas aeruginosa IFO3924 at various temperatures and from various fatty acids, Biochem. Eng. J. 53 (2011) 196-202.

 

K. Hori, M. Abe, and H. Unno; Production of triacylglycerol and poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) by the toluene-degrading bacterium Rhodococcus aetherivorans IAR1, J. Biosci. Bioeng. 108 (2009) 319-324.

 

K. Hori, A. Kobayashi, H. Ikeda, H. Unno; Rhodococcus aetherivorans IAR1, a new bacterial strain synthesizing poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) from toluene;J. Biosci. Bioeng. 107, (2009) 145-150.

 

S. Marsudi, H. Unno, K. Hori; Palm oil utilization for simultaneous production of polyhydroxyalkanaotes and rhamnolipids by Pseudomonas aeruginosa; Appl. Microbiol. Biotechnol. 78, (2008) 955-961.

 

B-I. Sang, W-K. Lee, K. Hori, and H. Unno; Purification and characterization of fungal poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase from Paecilomyces lilacinus F4-5 and enzymatic degradation of poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) film; World J. Microbiol. Biotechnol. 22, (2006) 51-57.

 

 

 

【その他の論文】

 

K. Koiwai,T. Kubota, N. Watanabe, K. Hori, O. Koiwai and H. Masai ; Definition of the transcription factor TdIF1 consensus-binding sequence through genomewide mapping of its binding sites, Genes to Cells 20 (2015) 242-254.

 

T. Kubota, O. Koiwai, K. Hori, N. Watanabe, K. Koiwai; TdiF1 recognizes a specific DNA sequence through its helix-turn-helix and AT-hook motifs to regulate gene transcription, PLoS ONE 8 (2013) e66710.

 

Kubota T, Koiwai O, Hori K, Watanabe N, Koiwai K.; TdIF1 Recognizes a Specific DNA Sequence through Its Helix-Turn-Helix and AT-Hook Motifs to Regulate Gene Transcription. PLOS ONE, 8 (2013) e66710

レビュー・総説

↑ページの先頭に戻る

堀 克敏;細菌接着タンパク質AtaA分子の特性と応用;バイオサイエンスとインダストリー, Vol.74,No.5 (2016) 417-419.

 

堀 克敏;細菌の持つ接着ナノファイバータンパク質AtaA;バイオサイエンスとインダストリー, Vol.74,No.5 (2016) 380-381.

 

堀 克敏;バイオフィルムを利用した界面微生物工学; 化学療法の領域Vol.31, No11(2015) 88-96

 

松本 慎也、堀 克敏; 炭素繊維が微生物を集めて水を浄化するメカニズム; 繊維機械学会誌66, (2013)29-33

 

堀 克敏; 微生物付着・バイオフィルムの制御と応用から界面微生物工学へ; オレオサイエンス11, (2012)19-24.

 

堀 克敏;バクテリオナノファイバー蛋白質の機能を基盤とする界面微生物プロセスの構築;化学工学, 76, (2012), 4, 212-214

 

堀 克敏;界面微生物工学によるグリーン・イノベーションを目指して;化学工業 63, (2012), 1, 70-74

 

堀 克敏;バクテリオナノファイバーによる細菌の細胞接着;Bacterial Adherence & Biofilm, 25 , (2011), 1-7

 

[Invited Review Paper] K. Hori, and S. Matsumoto; Bacterial adhesion: From mechanism to control, Biochem. Eng. J. 48 (2010) 424-434.

 

堀 克敏、石川聖人;細菌ナノファイバーによる微生物の表面付着;環境バイオテクノロジー学会誌10 (2010) 3-7.

 

堀 克敏;微生物の付着機構;日本接着学会誌,46, (2010), 70-75.

 

堀 克敏;バクテリオナノファイバーの細胞接着機能と応用;高分子 60, (2011), 10, 747-748

 

堀 克敏;細菌ナノファイバーの構造と細胞付着機構;バイオサイエンスとインダストリー, 67, (2009), 409-412.

 

堀 克敏;粘着性微生物の構造・機能解析の現状;機械の研究, 61, (2009), 783-788.

 

堀 克敏;微生物の付着に働く粘着性細菌ナノファイバー;ケミカルエンジニヤリング,53, (2008), 830-835.

 

堀 克敏;環境汚染物質の微生物分解と無害化;分離技術, 36, (2006) 79-83.

 

堀 克敏、石井俊一、海野 肇; 細菌に強付着性をもたらす新規細胞表層構造; 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌 20, (2006) 3-5.

 

石井俊一、堀 克敏、堀田康明、渡辺一哉; メタン発酵共生微生物群が形成する凝集体のSEM観察; 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌20, (2006) 6-8.

 

堀 克敏;強付着性細菌が有するアンカー様表層構造物;バイオサイエンスとインダストリー, 63, (2005) 295-296.

 

海野 肇、堀 克敏; PHBVフィルムの土壌中でのオンサイト分解におけるカビの寄与; 高分子加工, 52, (2003) 277-282.

 

海野 肇、堀 克敏; 微生物機能を利用した環境保全技術―水環境を中心として―; 化学装置, 別冊, (2003) 7-11.

 

海野 肇、堀 克敏; 微生物機能を利用した環境保全技術―汚染防止・浄化システムの現状と研究動向―; 化学装置, 44, (2002) 160-166.

 

堀 克敏; 木炭および生物木炭の水質浄化機能; バイオサイエンスとインダストリー, 59, (2001) 27-30.

 

海野 肇,丹治保典,堀 克敏; 化学プロセスにおける塩素フローの解析と塩素化合物量の低減; ケミカルエンジニヤリング, 45, (2000) 69-77.

 

海野 肇, 堀 克敏; 微生物による環境浄化; 化学と教育, 12, (2000) 812-815.

 

堀 克敏; 木炭・微生物の複合機能による水質浄化; ケミカルエンジニヤリング, 43, (1998) 29-33.

 

堀 克敏; 有機塩素化合物の微生物分解; 生物工学会誌, 76, (1998) 437.

Katsutoshi Hori ; Adhesion of Bacteria ; 『Biofilm and Materials Science』Hideyuki Kanematsu・Dana M. Barry editors, Springer, (2015) P23-34

 

堀 克敏; 水素エネルギー研究の基礎;『次世代のバイオ水素エネルギー』日本化学会編,化学同人,(2014) p26-34.

 

天尾 豊,三宅 淳,南後 守,堀 克敏; バイオ水素エネルギー開発の新しい展開をめざして;『次世代のバイオ水素エネルギー』日本化学会編,化学同人,(2014) p2-11.

 

丁 楠,中谷 肇,堀 克敏; 暗発酵による水素生産;『光合成のエネルギー利用と環境応用』シーエムシー出版,(2014) p104-111.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堀 克敏(監著); 『低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命』コロナ社,(2013)

 

K. Hori and H. Unno; Bioreactions and Bioreactor Operation | Integrated production and separation, in Murray Moo-Young (ed.), “Comprehensive Biotechnology”, Second Edition, volume 2, Elsevier, (2011) , pp.579-590

 

堀 克敏; 付着機構の解明と工学的応用可能性;『バイオフィルムの基礎と制御』エヌ・ティー・エス,(2008) p.65-80.

 

堀 克敏; 環境をきれいにするタンパク質;『トコトンやさしいタンパク質の本』東京工業大学大学院生命理工学研究科編,日刊工業新聞社,(2007) p.24-25.

 

堀 克敏; 木炭および生物木炭の水質浄化機能;『微生物固定化法による水処理』エヌ・ティー・エス,(2000) p.37-45.

 

土肥 義治、堀 克敏; 微生物ポリエステル(分担); 『生分解性プラスチックハンドブック』土肥義治編,エヌ・ティー・エス, (1995) p.178-192.

国内学会発表(2012年以降)

↑ページの先頭に戻る

 【日本生物工学会】

中谷肇、小原優季、堀 克敏;グラム陰性菌由来のファイバーたんぱく質による微生物の固定化と表層提示技術の統合 ;第68回日本生物工学会大会、富山国際会議場;2016.9.28-30(P9/29)

 

石川聖人、田中裕也、田中謙也、木村恒太、加藤創一郎、中西周次、堀 克敏 ;メタン酸化細菌の細胞内レドックス状態の可視化;第68回日本生物工学会大会、富山国際会議場;2016.9.28-30(P9/30)

 

吉本将悟、石川聖人、廣重竜太、鈴木淳巨、堀 克敏 ;接着性ナノファイバーたんぱく質AtaAの分泌を促進するたんぱく質TpgAの発見;第68回日本生物工学会大会、富山国際会議場;2016.9.28-30(P9/29)

 

林 亜友美、吉本将悟、石川聖人、堀 克敏;接着性ナノファイバータンパク質AtaAと共発現するタンパク質との相互作用(Interaction between the adhesive nanofiber protein AtaA and its coepressed protein.);第67回 日本生物工学会大会、鹿児島県城山観光ホテル、2015.10.26-28 (P.10/26)

 

小原 優季、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;バクテリオナノファイバータンパク質AtaAを用いた微生物固定化の有用性の実証(Demonstration of the effectiveness of microbial immobilization using the bacterial nanofiber protein AtaA.);第67回 日本生物工学会大会、鹿児島県城山観光ホテル、2015.10.26-28 (P.10/28)

 

松田 祐毅、吉本将悟、小原 優季、古市 吉秀、堀 克敏;接着性ナノファイバータンパク質AtaAを介した微生物付着の阻害物質についての検討(Examination of inhibitors of bacterial adhesion mediated by the adhesive nanofiber protein AtaA.);第67回 日本生物工学会大会、鹿児島県城山観光ホテル、2015.10.26-28 (P.10/28)

 

吉本将悟、中谷肇、堀 克敏;ナノファイバー蛋白質AtaAによる微生物接着の制御;第66回 日本生物工学会大会、札幌コンベンションセンター、2014.9.9-11

 

永谷和子、中谷肇、堀 克敏;バクテリオナノファイバーAtaAのポストアッセンブリー修飾;第66回 日本生物工学会大会、札幌コンベンションセンター、2014.9.9-11

 

永井美帆、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;高付着性タンパク質AtaAの膜アンカードメイン置換体の機能評価;第65回日本生物工学会大会,広島,2013.9.18-20

 

小原優季、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;接着性ナノファイバー蛋白質AtaAによる新規微生物固定化法の有効性Acinetobacter sp.ADP1株によるエステラーゼ反応をモデルに;第65回日本生物工学会大会,広島,2013.9.18-20

 

堀 克敏;バクテリオナノファイバーの解析と界面微生物工学への展開;第64回日本生物工学会大会,神戸,2012.10.23-26

 

重盛一希、石川聖人、堀 克敏;バクテリオナノファイバーAtaAを応用した固定化微生物細胞によるインディゴ生産;第64回日本生物工学会大会,神戸,2012.10.23-26

 

石川聖人,堀 克敏;二つの自殺ベクターを用いた長鎖遺伝子断片の切除;第64回日本生物工学会大会,神戸,2012.10.23-26

【日本化学会】

吉本将悟、中谷肇、岩崎啓太、堀 克敏;Adhesion property of the nanofiber protein AtaA from the highly adhesive bacterium ;日本化学会 第96春季年会、同志社、2016.3.24-27 (P 3/26)

 

北原知恵、鈴木淳巨、堀 克敏;Creation of Lanthanoid Binding protein based on natural coiledCoil protein ;日本化学会 第96春季年会、同志社、2016.3.24-27 (P 3/26)

 

平野春香、吉本将悟、小祝孝太郎、NORSHARIFFUDIN Nur`izzah、三木章弘、LUPAS Andrei、LINKE Dirk,HARTMANN Marcus、鈴木淳巨、堀 克敏;高接着性タンパク質AtaAのパッセンジャードメインC末端領域の機能・構造解析、日本化学会 第95春季年会、日本大学、2015.3.26-29

 

【学生講演賞】

吉本将悟、中谷肇、堀 克敏;高付着性細菌由来ナノファイバータンパク質AtaAの分離精製と接着特性解析;日本化学会 第95春季年会、日本大学、2015.3.26-29

 

 蟹江純一,中谷肇,堀 克敏;蛍光ナノファイバーで覆われた被毛微生物細胞の創出;日本化学会第94春季大会(2014),名古屋,2014.3.27-30

 

吉本将悟,中谷肇,Norshariffudin Nur`Izzah,小祝孝太郎,鈴木淳巨,堀 克敏;水晶発振子を用いた高付着性最近由来ナノファイバータンパク質AtaAの接着特性解析;日本化学会第94春季大会(2014),名古屋,2014.3.27-30

 

宮地佑典,堀 克敏;Analyzing the Bacterial Adhesion of the highly adhesive bacterium Acinetobacter sp.Tol5 using Atomic Force Microscopy;日本化学会第94春季大会(2014),名古屋,2014.3.27-30

 

小祝孝太郎,Hartmann Marcus,Norshariffudin Nur`Izzah,三木章弘,吉本将悟,LinkeDirk,Lupas Andrei,堀 克敏;Structural analysis of Acinetobacter species-conserved domains of a highly adhesive bacterionanofiber protein, AtaA;日本化学会第94春季年会(2014),名古屋,2014.3.27-30

【バイオ関連化学シンポジウム】

青木 壮太・吉本 将悟・石川 聖人・堀 克敏;部分欠損体を用いたナノファイバー蛋白質AtaAの接着メカニズムの探索;日本化学会 第10回バイオ関連化学シンポジウム;石川県立音楽堂 もてなしドーム地下イベント広場;2016.9.7-9

 

石井慧・吉本将悟・堀 克敏;接着性ナノファイバータンパク質AtaA分子の接着特性解析;日本化学会 第10回バイオ関連化学シンポジウム;石川県立音楽堂 もてなしドーム地下イベント広場;2016.9.7-9

 

石川智也、石川聖人、堀 克敏;高付着性細菌Acinetobacter sp.Tol 5株の新規ナノファイバーFilピリの機能解析;第7回バイオ関連化学シンポジウム,名古屋,2013.9.27-29

 

吉本将悟、中谷肇、堀 克敏;微生物由来ナノファイバータンパク質の接着特性解析;第7回バイオ関連化学シンポジウム,名古屋,2013.9.27-29

 

小原優季、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;接着性ナノファイバー蛋白質AtaAによる微生物固定化モデルの構築及び応用;第7回バイオ関連化学シンポジウム,名古屋,2013.9.27-29

 

岡野葵、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;高付着性細菌Acinetobacter sp.Tol 5株のfim遺伝子群の機能解析;第7回バイオ関連化学シンポジウム,名古屋,2013.9.27-29

【化学工学会】

岩崎 啓太、石川 聖人、中谷 肇、堀 克敏;自己凝集性細菌Acinetobacter sp. Tol 5の異種微生物相互作用の解析;化学工学会 第82年会;芝浦工業大学 豊洲キャンパス;2017.3.6-8(P.3/7)

 

堀 克敏、藤岡正剛;バイオコントロールによる高濃度油脂含有排水のハイパフォーマンス処理;化学工学会 第48回秋季大会;徳島大学 常三島キャンパス、2016.9.6-8(O.9/6)

 

堀 克敏、藤岡正剛;油脂分解微生物を利用する低コスト・ハイパフォーマンス排水処理システム;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(O.3/14)

 

中谷肇、堀 克敏;アシネトバクター属由来の表層ナノファイバーを用いたペプチド提示技術の開発;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(O.3/14)

 

小原優季、松田祐毅、中谷肇、堀 克敏;接着性バクテリオナノファイバーAtaAのグラム陰性細菌への導入とその応用;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(P.3/13)

 

蟹江純一、小原 優季、中谷肇、堀 克敏;機能性ナノファイバーで覆われた高付着性微生物細胞の創出;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(P.3/13)

 

青木壮太、吉本将悟、平野春香、石川聖人、堀 克敏;高接着性タンパク質を利用した微生物固定化技術の効率化;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(P.3/13)

 

石井沙季、古市吉秀、堀 克敏;AtaAを介して付着した微生物の流体中での剥離過程の解析;化学工学会 第81年会;関西大学 千里山キャンパス、2016.3.13-15(P.3/13)

 

泉谷啓太、古市吉秀、堀 克敏;AtaAによる凝集・付着特性の顕微解析II: せん断応力の観点から;化学工学会 第80年会(春);芝浦工業大学、2015.3.19-21

 

古市吉秀、吉本将悟、堀 克敏;AtaAによる凝集・付着特性の顕微解析I: コロイド化学の観点から;化学工学会 第80年会(春);芝浦工業大学、2015.3.19-21

 

蟹江純一、中谷肇、堀 克敏;多機能性ナノファイバーで覆われた被毛微生物細胞の創出;化学工学会 第80年会(春);芝浦工業大学、2015.3.19-21

 

古市吉秀、泉谷啓太、吉本将悟、堀 克敏;ナノファイバー蛋白質AtaAによる細菌付着過程の解析;化学工学会第46秋季大会, 九州大学、2014.9.9-11

 

堀 克敏,石川聖人,中谷肇,吉本将悟,小原優季,蟹江純一;新規バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAの構造・機能と応用技術;化学工学会第79年会,岐阜,2014.3.18-20

 

中谷肇,蟹江純一,堀 克敏;機能性周毛を持つ細菌の創出;化学工学会第79年会,岐阜,2014.3.18-20

 

吉本将悟,中谷肇,堀 克敏;ナノファイバー蛋白質AtaAの接着特性に基づく微生物の可逆的固定化法;化学工学会第79年会,岐阜,2014.3.18-20

 

蟹江純一,中谷肇,堀克敏;蛍光ナノファイバーで覆われた被毛微生物細胞の創出;化学工学会第79年会,岐阜,2014.3.18-20

 

吉本将悟、中谷肇、堀 克敏;接着性細胞表層タンパク質の特性に基づく微生物固定化技術;化学工学会第45回秋季大会,岡山,2013.9.16-18

 

吉本将悟、石川聖人、重盛一希、中谷肇、鈴木淳巨、堀 克敏;バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAを介したAcinetobacter sp.Tol 5の付着特性;化学工学会第78年会,大阪,2013.3.17-19

 

小原優季、石川聖人、吉本将悟、中谷肇、重盛一希、堀 克敏;接着性ナノファイバー蛋白質AtaAを用いたグラム陰性細菌の固定化;化学工学会第78年会,大阪,2013.3.17-19

 

重盛一希、石川聖人、吉本将悟、堀 克敏;Acinetobacter sp.Tol 5の非生物表面への付着の評価;化学工学会第77年会、2012.3.15-17 (3.17)、東京

【その他】

IGER

 

吉本将悟、中谷肇、堀 克敏;Purification and adhesion analysis of the nanofiber protein AtaA from a highly adhesive bacterium;IGER Annual Meeting 2014、名古屋、2014.12.18

 

 

日本結晶学会

 

Nur`IzzahNur、小祝孝太郎、吉本 将悟、鈴木淳巨、堀 克敏;Utilizing GCN4-leucine-zipper tag in folding problem of AtaA;日本結晶学会年会、東京大学、2014.11.1-3

 

 

日本微生物生態学会

 

寺田瑛美、中谷肇、石川聖人、堀 克敏;Acinetobacter属用レポーター遺伝子システムの構築とTol 5株の接着遺伝子ataAのプロモーター活性測定;第29回日本微生物生態学会大会,鹿児島,2013.11.23-25

 

石川智也、石川聖人、堀 克敏;高付着性Acinetobacter属細菌Tol 5株の付着とバイオフィルム形成を阻害する新規バクテリオナノファイバーFilピリ;第29回日本微生物生態学会大会,鹿児島,2013.11.23-25

 

岡野葵、石川聖人、中谷肇、堀 克敏;高付着性細菌Acinetobacter sp.Tol 5株のfim遺伝子群の発現解析;第29回日本微生物生態学会大会,鹿児島,2013.11.23-25

 

黒住明大、渡邊哲文、福崎康博、中村安宏、川久保祐貴、堀 克敏;上向流式リアクタで馴養した嫌気性アンモニア酸化細菌グラニュールの構造解析;第29回日本微生物生態学会大会,鹿児島,2013.11.23-25

 

 

微生物研究会

 

中谷肇、石川聖人、堀 克敏;バクテリオナノファイバーを介したペプチド表層提示技術;第11回微生物研究会、2012.9.22、東京

 

吉本将悟、重盛一希、石川聖人 堀 克敏;ナノファイバーを介したAcinetobacter sp. Tol 5の付着特性;第11回微生物研究会、2012.9.22、東京

↑ページの先頭へ戻る

 Copyright© 2014-2017 Hori Laboratory All rights reserved.

名古屋大学 大学院 工学研究科

生命分子工学専攻 生命システム工学講座

分子生命環境プロセス 堀研究室

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

名古屋大学大学院工学研究科 工学部1号館710号室

TEL:052-789-3339  FAX:052-789-3218