名古屋大学 大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学講座

名古屋大学 堀研究室

Graduate School of Engineering Department of Biomolecular Engineering

過去の受賞・報道

受賞しました!

2018年1月10日 青木壮太(D1)

 IGER Annual Meeting 2017 Poster Award

 

2017年12月11日 塚本裕也(B4)

 2017年名古屋大学生物工学系合同セミナー ポスター賞

 

2017年12月1日 廣重竜太(M2)

 IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 2017   
 Poster Award

 

2017年3月27日 北原知恵(M2)

 日本化学会東海支部長賞

 

2016年5月13日 石川聖人助教

 日本化学会第96春季年会 優秀講演賞(学術)受賞

 

2015年5月1日  吉本将悟(D2)

 日本化学会 第95春季年会 学生講演賞 受賞

 

2015年3月25日 松井恵理子(B4)

 生物化学会東海支部長賞 受賞

 

2014年1月8日 吉本将悟(D1)

 IGER Annual Meeting 2014 Poster Award

 

2014年12月2日 吉本将悟(D1)

 将来を見据えた生体分子の構造・機能解析から分子設計に関する研究会 ポスター賞

 

2014年3月20日 吉本将悟(M2)

 化学工学会 第79年会本部大会学生賞 銀賞

 

2013年9月18日 石川研究員、重盛一希(修了生)、鈴木准教授、堀教授

 日本生物工学会 生物工学論文賞

 

2013年9月12日 吉本将悟(M2)

IGER『Reversible Bacterial Immobilization Based on the Adhesive Property of a Novel Adhesin from Acinetobactor sp. Tol 5』 ポスター賞

 

2011年8月 石川研究員

 生物工学会中部支部 支部長賞

 

2009年11月28日 堀教授

 Best Presentation Award, APBioChech’09

プレスリリース・報道されました!

2017年1月26日 日本経済新聞(朝刊 中部面・電子版)に記事掲載

 「工場排水処理で名大ベンチャー 微生物で油分迅速分解」(朝刊 中部面)

 「微生物で排水処理」名古屋大がベンチャー設立へ(電子版)

 

2017年1月24日 名古屋大学プレスリリース

「微生物フローラをコントロールするための理論を構築!

理論をノウハウに大学発ベンチャーを年度内に立ち上げへ」

 

2016年6月17日 中日新聞に記事掲載

 『微生物細胞の毛 無傷で刈れる』

 

2016年6月16日 名古屋大学プレスリリース

『微生物の毛を刈る方法を考案 微生物細胞から生える毛を酵素で切れるように遺伝子上で細工:酵素で刈り取った接着蛋白質の毛を解析し、酸中でもアルカリ中でも壊れないことが判明』

 

2016年3月25日  WEBサイト"SciencePortal"の「サイエンスクリップ」に記事掲載

 『くっつく微生物』の構造が見えてきた!

 

2016年2月22日 名古屋大学プレスリリース

『接着タンパク質の強靭な構造を解明-驚異的な微生物細胞の接着を媒介する巨大ナノファイバー蛋白質の立体構造の一部を解明:柔軟かつ強靭なファイバー構造が微生物の付着に寄与-』

 

2015年9月2日 日刊工業新聞に記事掲載

 『油分解の微生物製剤 性能実証デモ機完成』

 

2015年8月29日 朝日新聞に記事掲載

 『強力に エコに 排水の油分解』

 

2015年8月25日 名古屋大学プレスリリース

 『排水から油が消滅!-実証試験現場の募集を開始- 』

 

2013年1月17日 毎日新聞に記事掲載

 細菌の接着タンパク質に関する研究について

 

2012年11月21日 日刊工業新聞に記事掲載

 細菌の接着タンパク質に関する研究について

 

2012年11月16日 朝日新聞、中日新聞に記事掲載

 細菌の接着タンパク質に関する研究について

 

2012年11月16日 名古屋大学プレスリリース

 『微生物をいろいろな表面にくっつける繊維蛋白質を発見 』

 

2012年9月14日 PlosOne

 細菌の接着タンパク質に関する研究についての論文が発表されました。

 

2012年9月05日 Yahooニュース記事掲載

 『名大と帝人、炭素繊維が微生物を集めて水を浄化するメカニズムを解明』

 

2012年8月30日 中日新聞に記事掲載

 『炭素繊維の水浄化解明』

 

2012年8月30日 名古屋大学プレスリリース

 『炭素繊維が微生物を集めるメカニズムを解明 』

 

2009年9月23日 中部経済新聞に記事掲載

 『調理用排水簡易浄化を実現』

 

2009年7月31日 中日新聞に記事掲載

 『細菌で油成分効率的に分解』

 

2009年7月8日 日刊工業新聞に記事掲載

 『排水中の油を分解』

 

2009年7月8日 YAHOOニュースに記事掲載

 『調理場から出る油も効率的に分解』

 

2009年7月7日 日刊工業新聞に記事掲載

 『飲食店の廃油微生物で分解』

 

2007年5月28日 日刊工業新聞「芽はぐくむ研究室」に記事掲載

 『粘着性微生物 構造・機能を解析 ナノテクと融合、技術創出』

↑ページの先頭へ戻る

 Copyright© 2014-2017 Hori Laboratory All rights reserved.

名古屋大学 大学院 工学研究科

生命分子工学専攻 生命システム工学講座

分子生命環境プロセス 堀研究室

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

名古屋大学大学院工学研究科 工学部1号館710号室

TEL:052-789-3339  FAX:052-789-3218