名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物専攻 生物機能工学分野

名古屋大学 堀研究室

Graduate School of Engineering Department of Biotechnology

「界面微生物工学」と「排水処理・環境浄化」の研究 堀研究室

堀研究室は微生物、中でも細菌と言われる単細胞生物をターゲットとした研究室です。

「界面微生物工学」と「排水処理・環境浄化」という二つの大きなテーマを中心に、基礎研究から実用化までを一貫して手掛けています。

 

ぜひ、堀教授の写真よりメッセージをお読みください。

ニュース

お知らせ

人材募集

2016年5月13日
石川聖人助教が日本化学会第96春季年会にて優秀講演賞(学術)を受賞しました!


2016年3月25日
科学技術振興機構(JST)のサイト、「サイエンスポータル」のコンテンツ「サイエンスクリップ」に堀研究室の研究成果を紹介する記事が掲載されました!
「くっつく微生物」の構造が見えてきた!


2016年2月22日
研究成果について、プレスリリースされました!
接着タンパク質の強靭な構造を解明-驚異的な微生物細胞の接着を媒介する巨大ナノファイバー蛋白質の立体構造の一部を解明:柔軟かつ強靭なファイバー構造が微生物の付着に寄与-
http://www.jbc.org/content/291/8/3705.full


2016年2月19日
本日発行のThe Journal of Biological Chemistryに表紙デザインが採用されました!


2015年9月2日
日刊工業新聞に記事が掲載されました。
 『油分解の微生物製剤 性能実証デモ機完成』


2015年8月29日
朝日新聞 朝刊に記事が掲載されました。
 『強力に エコに 排水の油分解』


2015年8月25日
実証試験デモ機についてプレスリリースされました。
「排水から油が消滅!驚異的な油分解能力を示す共生微生物製剤を開発し、その効果を現場で実証・可視化するデモ機を製作」


2015年5月1日
吉本将悟(D2)さんの講演が<日本化学会 第95春季年会 学生講演賞>を受賞しました!


2015年3月25日
松井恵理子(B4)さんの卒業論文が、<生物化学会 東海支部長賞>を受賞しました!


2014年12月2日
合同ゼミ「将来を見据えた生体分子の構造・機能解析から分子設計に関する研究会」が開催されました。優秀なポスター発表を行った学生にはポスター賞が授与され、本研究室でもD1の吉本将悟君が見事に選出されました。


2014年11月17日
毎年恒例の7研究室での合同ゼミが開催されました。


2014年10月25日
郡上八幡にゼミ旅行に行きました!Photoに写真を挙げたので、ぜひご覧ください。


2013年11月15日
堀教授監修・執筆の専門書『低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命』がコロナ社より出版されました。


2013年11月15日
化学工学会進歩講習会「低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命」が堀教授のオーガナイズにより開催されました。約100名の参加者を集め、大変盛況な講習会となりました。


2013年10月7日
国際学術ジャーナルBiotechnol.Bioengに掲載された堀研の石川研究員、重盛君(修了生)、堀教授の論文が、同ジャーナルでスポットライトされました。


2013年9月12日
IGER国際シンポジウム「IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions」が9月1から3日 名古屋大学ES館にて行われました。シンポジウムでは、様々な生物界面に関する最新の研究について、世界トップレベルの研究者を招き英語での講演が行われました。


上記シンポジウムのポスター発表で優秀だった学生にはポスター賞が授与され、受賞者の大学院生3人による英語でのプレゼンテーションが行われました。本研究室からは『Reversible Bacterial Immobilization Based on the Adhesive Property of a Novel Adhesin from Acinetobactor sp. Tol 5』というタイトルで発表した吉本将悟君が受賞しました。


2013年2月22日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Pathway engineering of microbial cell factories: production of hydrogen and isoprene as examples」が中国 清華大学のChong Zhang先生をお招きして開催されました。


2012年12月13日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Biodegradable plastics from palm oil: synthesis, recovery and applications」がマレーシアSains大学のK. Sudesh Kumar先生をお招きして開催されました。


2012年11月14日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Bioprocess Integration Inspired by Life Evolution and Organization」が中国の清華大学よりケイ新会先生をお招きして開催されました。


2011年4月
本講座(第三講座)に、堀克敏新教授が着任されました。堀研究室のスタートです。


2011年2月
堀教授の研究プロジェクトが内閣府総合科学技術会議より、最先端・次世代研究開発支援プログラムに選定されました。このプログラムは次世代の科学者のリーダーとも言える研究者が全国300人の若手研究者と女性研究者が内閣府により選ばれるもので、大きな研究資金が分配されます。

  • A-STEPプロジェクト 実証試験 ご参加企業の募集

    現在実施中の研究プロジェクト「A-STEPプロジェクト」では、廃水のサンプル・現場実証実験を受け付けております。排水処理にお困りの企業様、ご興味を持たれた企業様は、ぜひ当研究室に直接お問い合わせください。

     

    A-STEPプロジェクトの詳細ページ

  • 博士後期課程への進学希望者 大歓迎!

    当研究室で一緒に研究をして、博士号取得を目指しませんか?

    入試の詳細は名古屋大学工学部・工学研究科ホームページ「受験生の方へ」の入試情報をご確認ください。

    ※進学を希望する方・興味のある方は入試の前に堀教授まで直接ご連絡ください。

  • A-STEP事業 研究員・技術補佐員 募集中!

    JSTプロジェクト A-STEP「油脂分解微生物を利用する低コスト・ハイパフォーマンス排水処理システム」に関する研究業務、それを技術補佐して頂く方を募集しております。

    【研究員】

     (1) 博士の学位を有する方

     (2) 専門分野に研究業績がある方

     

    【技術補佐員】

     下記業務のご経験がある方

     (大卒以上、平成28年3月大学卒業見込みの方も含む)

     (1) 微生物培養実験(培養、コロニーカウント、菌培養プレート作成など)

     (2) 各種分析(TLC、ガスクロマトグラフィー、リパーゼ活性測定など)

     (3) 試薬、サンプル調整

     (4) RT-PCR、DGGEによる菌叢解析

     

    ご興味のある方は当研究室に電話(052-789-3339)

    もしくはメール(khori[at]nubio.nagoya-u.ac.jp)にてご連絡ください。

     

    ※当HPでは、スパムメール対策のためメールアドレスの一部を変更して記載しております。お手数ですが、メールアドレス内の[at]を@に変更してメールを送信いただきます様、お願い申し上げます。

↑ページの先頭へ戻る

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

名古屋大学大学院工学研究科 工学部1号館710号室

TEL:052-789-3339  FAX:052-789-3218